【大学3年~2年生向け】オンライン就業体験

【大学3年~2年生向け】オンライン就業体験

相談支援の仕事では、一人ひとりの支援対象者について皆で意見を出し合うことが大切です。どんな意見も貴重な意見。事例検討は気づきの宝庫です。一緒に取り組んでみませんか?
日時:
2022年11月19日(土)10:30~12:00
日時:2022年11月19日(土)10:30~12:00会場:オンライン

ケースカンファレンスとは、事例検討のことです。

私たちが相談支援でかかわる対象者の方について、支援のアイデア出しをしていきます。

通常の業務では、毎朝各職員が担当しているケー(事例)の情報共有を行い、簡単な検討を行っていますが

支援が難しいケースや、行き詰ってしまったときは、みんなで一緒に考えます。


その時のルールは3つ!

①対象者の方の長所(ストレングス)を一番に考える

②他の人の意見を否定しない(批判しない)

③実現可能性を考えない


時には、魔法をかけて環境を一気に変える・・・なんて意見も出るくらい。

難しい顔して頭を抱えたり、腕与して怖い顔していても、良いアイデアは出てきません。

あんなことができない、こんなことで失敗した、なんて「できない理由」を挙げても意味がありません。

だから私たちは、「和気あいあい」「いいとこ探し」から始めます。

3年前に学生さんのインターンシップで、このカンファレンスを導入したところ、一番人気でみんな

「楽しかった~」と言って帰ります。時には帰りの電車の時間を忘れるくらい・・・

そして、一緒に行う職員も「なるほど、その手があった」なんて気づくこともたくさんあります。

ぜひ、私たちの事例検討に参加してみませんか?


1.事例検討の流れ(10:30~12:00 90分)

①辞令発表  実際の支援ケースを担当者から報告します。

②ケースに関する質問 一問一答形式で行います。

③アセスメント状況の整理(ストレングスの確認)

④アイデア出し

⑤ちょっとやってみたいアイデアを選ぶ

⑥事例提供者の感想

⑦参加の感想


2.参加者について

ファシリテーター:中核地域生活支援センター海匝ネットワーク 所長

事例提供者:海匝ネットワーク 主任コーディネーター

事例検討参加者:海匝ネットワーク コーディネーター

学生:5名


3.参加時の留意事項

①カジュアルな服装で参加してください

②意見交換をしますので、ZOOMのカメラはONで・・・!

③録音・録画は絶対にしない


お申し込みはコチラ

https://forms.gle/eqwgkf55fgQ2gXKK6



日時
2022年11月19日(土)10:30~12:00
お申込み期限

2022年10月22日

定員
プログラム
2022年11月19日(土)10:30~12:00
お問い合わせ先
rosa-saiyoh@rosario.jp(担当:rosa-saiyoh@rosario.jp)
0479600600(担当:杉田 明)
オンライン会議の詳細
参加のURLは後日お申し込みを確認後に送付します

SNSでシェア

jobs募集一覧

募集一覧
このエントリーをはてなブックマークに追加