このエントリーをはてなブックマークに追加

私たちについて

About us
私たちについて
「光の当たりにくい人々と共に歩む」という理念が、脈々と受け継がれています。

「光の当たりにくい人々と共に歩む」という理念が、脈々と受け継がれています。

ロザリオの聖母会は、1931年にカトリック司祭で外科医師でもあった戸塚文卿神父が、ナザレトハウスという結核療養所を東京市外荏原(現在の品川区荏原)から矢指村野中(現在の旭市野中)に移築したことを起源とします。篤志家が個人財産を出資して運営している他の多くの社会福祉法人と異なり、経営の母体がローマ・カトリック教会であることが最大の特色です。創設以来ずっと受け継がれる理念「光の当たりにくい人々と共に歩む」に基づき、苦しんでいる人に奉仕すること、あらゆる人の「いのち」を大切にすることが、ここで働くみんなの行動原理になっています。

22の施設と事業所で、高齢者や障害をもつ方々と共に歩んでいます。

当会は下記の施設・事業所で、さまざまな領域のサポートを提供しています。

海上寮療養所・・・・・・・・・・・・・・・医療保護施設(精神科・内科)、認知症外来・認知症訪問診療
訪問看護ステーション・ソフィア・・・・・・訪問看護事業
ワークセンター・・・・・・・・・・・・・・就労継続支援B型
聖母療育園・・・・・・・・・・・・・・・・医療型障害児入所施設・療養介護
聖母通園センター・・・・・・・・・・・・・生活介護・児童発達支援等
ロザリオ発達支援センター・・・・・・・・・児童発達支援・放課後等デイサービス
旭市こども発達センター・・・・・・・・・・児童発達支援事業
聖マリア園・・・・・・・・・・・・・・・・障害者支援施設
ロザリオ高齢者支援センター・・・・・・・・訪問介護・居宅介護・同行援護・行動援護・移動支援等
デイサービスセンター・ローザ・・・・・・・老人デイサービス
聖家族園、佐原聖家族園・・・・・・・・・・障害者支援施設・生活介護
聖家族作業所・・・・・・・・・・・・・・・生活介護
聖ヨセフつどいの家・・・・・・・・・・・・生活介護、放課後等デイサービス
ナザレの家かとり、ナザレの家あさひ・・・・共同生活援助
友の家・・・・・・・・・・・・・・・・・・地域生活支援センター
海匝ネットワーク・・・・・・・・・・・・・中核地域生活支援センター、旭市基幹相談支援センター兼障害者虐待防止センター
香取障害者支援センター・・・・・・・・・・相談支援
みんなの家 東総就業センター、香取就業センター・・・・障害者就業・生活支援センター

基本理念と倫理綱領

Ⅰ 基本理念
 ロザリオの聖母会は、定款の目的に定めるキリスト教精神に則り、次のとおりサービス提供の基本理念を定めます。
 1.利用者の生命の尊厳、人権及び人生を大切にする。
 2.利用者の願いや要求に真摯に向き合い、理解し、共感する。
 3.利用者の自立・自己実現・自己決定の過程を支援する。

Ⅱ 倫理綱領
 ロザリオの聖母会は、サービスを提供するに当たっての基本的な心構えとして次のとおり倫理綱領を定め、私たちの規範とします。
 1.生命の尊厳
  私たちは、利用者一人ひとりをかけがえのない存在として認め、その人なりの人生を大切にします。 
 2.人権の擁護
  私たちは、利用者一人ひとりの人間としての基本的な権利を守り、いかなる差別、虐待、人権侵害も許さないことを誓います。
 3.個性、主体性の尊重
  私たちは、利用者一人ひとりの個性や主体性を尊重し、自己決定を基本とした支援を心がけます。
 4.社会参加の促進
  私たちは、利用者一人ひとりが社会の一員としての市民生活が送れるよう支援します。
 5.生活環境の整備
  私たちは、利用者一人ひとりが生活者として快適な日々を過ごせるよう、施設及び周辺の環境整備に努めます。
 6.豊かな地域生活へ
  私たちは、地域で生活する障害者が豊かな市民生活を送れるよう、一人ひとりのニーズに添った支援を心がけます。
 7.職員として
  私たちは、福祉施設職員としての専門的役割と使命を自覚し、利用者一人ひとりに適切な支援が提供できるよう、常に自らへの問い
  かけを怠らず、研鑽と人間的成長に努めます。

私たちが求める人物像

精神疾患や障害を抱える方に関わるということに対し、とても難しく特別な仕事だと思われている方も少なくないかもしれません。ですが、決してそうではありません。ここで働くたくさんの職員たちも、特別な人が集まっているわけではなく、なにかほんの小さなきっかけでこの道を志した人ばかりです。
ですから、私たちが求める人物像も、なにか特別な知識や技術や経験をもった方ではありません。人と接することが好き、誰かの役に立ちたい、常に向上心を持って挑戦し続けたい、そんな思いを持った方です。面接では、もちろんあなたが不安に思うことも遠慮なくぶつけてください。まずはあなたと私たちが理解し合うところからスタートしましょう。

採用情報

Jobs